地域に貢献する|泌尿器だって衰えちゃう|内科で更年期障害も吹き飛ばそう
女の人

泌尿器だって衰えちゃう|内科で更年期障害も吹き飛ばそう

地域に貢献する

ナース

救急医療で地域に貢献する郡山青藍病院

奈良県大和郡山市の郡山青藍病院は、昭和59年に開院してから地域の救急医療に大いに貢献してきました。郡山青藍病院では、24時間体制の救急指定病院として毎年約2000件もの救急搬送患者を引き受けていて、消防救急機関からの要望に応えるためにも医療療養病棟を設置しています。 郡山青藍病院で提供している医療の特色として、救急医療以外に地域の人々の健康を守るための健診事業もあげられます。日本人の死亡原因の上位を占めている心臓や脳疾患を予防するために心臓ドックと脳ドックには特に力を入れています。また、従来の外科的手術方法では月単位での入院が必要だった椎間板ヘルニアの治療には短期間で退院のできるレーザー治療を実施している名医もいます。

レーザーを利用したヘルニア治療

郡山青藍病院では、平成7年からこれまでに約1800人の椎間板ヘルニアの患者に対してレーザーを使って治療を行ってきました。レーザーを利用したヘルニアの手術は全ての患者に対して実施できる訳ではありませんが、治療ができる場合には大きなメリットがあります。通常の外科手術の場合には1カ月程度の入院期間が必要だったのに対して、わずか1日で手術・退院ができるのは大きなメリットです。また、全身麻酔は必要がなく、局所麻酔で短時間のレーザー照射によって治療が行えるので体への負担もとても小さいのもメリットです。 MRI等を利用した検査をすることによってレーザー治療ができるかを調べることができるので、郡山青藍病院に相談するようにしてください。