治療方法|泌尿器だって衰えちゃう|内科で更年期障害も吹き飛ばそう
女の人

泌尿器だって衰えちゃう|内科で更年期障害も吹き飛ばそう

治療方法

ドクター

脳動静脈奇形の概要と原因

脳動静脈奇形とは、脳血管の先天的な異常です。正常な動脈は、枝分かれして細くなった後に毛細血管となって酸素と栄養を細胞に渡し、不要な老廃物や二酸化炭素を受け取ります。毛細血管は集まって静脈となり、心臓に血液を戻すのです。しかし、脳動静脈奇形では、動脈がうまく毛細血管に分岐できなかったことが原因で、動脈と静脈が異常な血管で繋がってしまい、一塊になって混在しています。脳動静脈奇形の部分に流れる血液は、栄養や酸素の受け渡しには関係がなくなってしまいます。また、本来は毛細血管に分かれることで分散されるはずの高い動脈の圧力が静脈にもかかってしまいます。年齢とともに大きくなっていくことが知られていますが、脳動静脈奇形が起こる原因は、はっきりとは分かっていません。

病気の症状と治療法について

脳動静脈奇形の症状で、最も多いのは出血です。動脈の強い圧力が静脈や異常な細い血管にかかるため、その部分が切れて出血し、くも膜下出血や脳内出血を起こすのです。くも膜下出血では、突然の強い頭痛、吐き気や嘔吐が起こります。出血が多い場合は意識障害や麻痺が現れることもあります。次に多いのはてんかんで、片側の上肢や下肢に起こる焦点性のけいれん発作や、それが全身に広がる二次性全般発作がみられます。脳動静脈奇形は、造影剤を使ったCTや、MRIで調べることができます。疑わしい箇所が発見された場合は、カテーテルを用いた脳血管造影検査で最終診断を行ないます。治療法には、開頭手術による脳動静脈奇形の摘出、放射線治療、カテーテルによる塞栓術があります。病変の大きさや位置などによって選択するべき治療法も異なります。