原因不明の血液のがん|泌尿器だって衰えちゃう|内科で更年期障害も吹き飛ばそう
女の人

泌尿器だって衰えちゃう|内科で更年期障害も吹き飛ばそう

原因不明の血液のがん

レディ

悪性リンパ腫は、リンパ系組織から発症する血液のがんです。多くの場合原因不明であるのが特徴で、患者の多くは65歳以上です。ですが、それより若い人が発症することも少なくありません。悪性リンパ腫に限らず、がんの確実な予防法はありません。がんの発症には遺伝的要因、加齢、偏食や喫煙、飲酒などの生活習慣、環境的要因などが複合的に関わっています。過度な飲酒、喫煙、偏食、不規則な生活習慣などはリスクを高めますが、それらの生活を正しても発症することはあります。重要なのは早期発見と早期治療です。悪性リンパ腫はしこりなどで気づくことも多いので、日頃から自分の体をチェックしておくのが重要です。また、定期的な検診も発見には重要です。

悪性リンパ腫は近年患者が増加しています。そもそも発症の原因が不明であることが多いので、増加の原因もはっきりとはしていません。ですが、高齢化の進展やストレス要因の増加が原因の一つであるといわれています。好発年齢が65歳以上ということからも、加齢が発症の大きな原因となっているといえます。高齢化が進展している日本では、長生きする人が増えた分患者も増加したと考えられます。また、ストレス要因が増加したのも原因の一つといえるでしょう。ストレスはあらゆる病気のもとになります。特に強いストレスがかかると免疫力が低下することがわかっています。免疫力の低下はがんの発症に大きく関わっているため、悪性リンパ腫の患者の増加と無関係ではないでしょう。